屋内ならではの面白さ!インドアサバイバルゲームの魅力とは?

屋内ならではの面白さ!インドアサバイバルゲームの魅力とは?	のサムネイル

屋内ならではの面白さ!インドアサバイバルゲームの魅力とは?

サバイバルゲームのフィールドは、大きく分けて2種類。屋外に作られたアウトドアフィールドと、屋内で戦うインドアフィールドです(もちろん両方の要素を兼ね備えたフィールドも数多くあります)。
今回は、特にインドアのサバイバルゲームフィールドに焦点を当てて、その魅力を伝えていきたいと思います。

アクセスのよさ

インドアフィールドはアウトドアフィールドに比べて圧倒的にアクセスがよく、駅から歩いて数分のビルの中が戦場となっていることも少なくありません。車がなく公共交通機関で移動するサバゲーマーにとっては、非常にありがたいことだと思います。
またインドアフィールドは22時など夜遅くまで(日によってはオールナイトのことも!)運営しているため、平日でも会社帰りに2、3時間立ち寄るといった遊び方もできます。数時間かけてフィールドに辿り着き、1日かけてプレイするようなアウトドアフィールドと違い、スポーツジムやゲームセンターに通ったり居酒屋で「ちょっと1杯」をやるような気軽さで遊ぶことができるのです。
ショッピングモールの中に設けられたフィールドでは、家族で買い物の合間に、あるいはカップルでデートとして、サクッと遊んでいく人もいます。
それに、インドアフィールドでのサバイバルゲームはアウトドアフィールドゲーム時間が短いことが多く、1ゲーム3分から10分くらいで矢継ぎ早にゲームが開催されることもよくあります。短い時間であっても、お腹いっぱい遊ぶことができるでしょう。

フィールドの立体感

インドアフィールドには、上下で撃ち合うことのできる、立体構造のフィールドが多くあります。キャットウォークや階段があったり、開閉のできるドアや窓が設けられているフィールドも。中には、地下道やエレベーターのあるフィールドもあり、まるで映画のセットのようです。
サバイバルゲームでは姿勢を低くして戦うため、どうしても上方に対する警戒が疎かになりがち。フィールドの上部をうまく使って、有利に戦闘を展開しましょう。
ただし、直上や直下からの射撃はゴーグルやマスクの隙間にBB弾が入る危険性があるため、斜め上・斜め下からの射撃を心がけてください。

隠密性や機動性の高いゲーム

インドアフィールドの面白さは、なんといっても隠密性や機動性の高さではないでしょうか。
屋内では、角を曲がった途端に敵と鉢合わせするかもしれません。バリケードの配置によっては「ここに隠れていれば安全」という場所がなく、気を抜いて立ち止まっていれば後ろから撃たれてしまいます。
じっと敵を待ち伏せするよりは、「見つかる前に見つける」という戦術の方がうまく戦えることもあります。アウトドアフィールドとはまた違う、目まぐるしくスリリングな展開を楽しむことができるでしょう。
また、インドアフィールドでは「フリーズコール」という戦法がレギュレーション上OKとされていることがあります。これはいわば暗殺行為で、相手に気づかれないよう後ろから忍び寄り、肩を叩いたり「フリーズ」と声をかけることで撃たずに相手をヒットにする方法。そこまで完全に気配を消して隠密行動をとれるのも、インドアフィールドの醍醐味といえます。

「昔◯◯だった」フィールド

また、インドアフィールドにはもともと別の施設だったものも多く、元の施設や設備を活かした独特の面白さがあります。
地下駐車場、リゾートホテル、ゲームセンター、スポーツジムなど、多種多様な施設がその雰囲気を残したまま戦場になっています。場所によっては、結婚式場やラブホテルだったフィールドまであります。
元ホテルのボイラー室や、元スポーツジムのプールサイドなど、映画のようなシチュエーションで、スパイや警察官になりきって銃撃戦を楽しんでみてください。
フィールドによっては撮影スタジオとして貸切することもできるため、サバイバルゲームだけでなく、撮影会などのイベントに利用することもできます。

まとめ

アウトドアのサバイバルゲームでは味わえない、インドアフィールドの面白さをご説明しました。
ただし、インドアフィールドはアウトドアフィールドに比べて接近戦が多いため、怪我を防ぐ目的で、アウトドアフィールドとは異なるレギュレーションで運営されていることがほとんどです。具体的には、BB弾の重さが0.2gまでだったり、弾速制限が89m/sまでだったりと、アウトドアフィールドよりも”軽くて遅い弾”になるよう制限されています。
普段アウトドアフィールドに行き慣れている人は、インドアフィールドに行く際は自分のBB弾の重さやエアガンの初速がインドアフィールドのレギュレーション違反になっていないか、くれぐれも注意しましょう。
ルールを守って、安全にインドアサバイバルゲームを楽しんでくださいね!

この記事のカテゴリー

新規登録