子どももサバゲーに参加できるの?

子どももサバゲーに参加できるの?のサムネイル

サバゲーに子どもは参加できるの?

こんにちは。 サバゲーをしていると、「子どもと一緒にサバゲーに参加して楽しみたい」と感じたことはありませんか?
また、18歳未満の方でも「サバゲーに参加してみたい」と思う方は居ますよね。
そこで今回は18歳未満の青少年、子どもを対象にサバゲーに参加することが出来るのか、また参加した際の注意事項に関して紹介します。

サバゲーは大人だけの遊び?

基本的にサバゲーの雰囲気やYouTubeなどでサバゲーのプレイ動画を観ると大人ばかり参加しているのを目にします。
ですが、大人に混じって参加している18歳未満の子どもも居ます。
ただし重要な事が3つありますのでしっかりと確認しましょう。

18歳未満でサバゲーに参加するには

基本的には18歳未満の子どもを対象に、その子どもの親および責任が取れる保護者などの同伴が必要です。
どのフィールドでも大抵は責任を取れる大人同伴を前提として、18歳未満の参加を認めていますが、逆に18歳未満は一切参加禁止のフィールドもあります。
またフィールドが主催する定例会や貸切ゲームの種類に問わず大抵のフィールドはゲーム参加に関して必ず誓約書と注意事項確認書などに署名と捺印が必要です。
上記の内容は各フィールドの運営によって対応は変わってしまう為、事前に電話やネットから問い合わせを行うことをお勧めします。
また都道府県によっては青少年保護育成条例によりサバゲーフィールドへの立ち入り、参加すら禁止の都道府県も存在します。

18歳未満は電動ガン/ガスガンは使えるの?

18歳未満の子どもが対象年齢18歳以上の電動ガン、ガスガンをサバゲーフィールドにて使用することは出来ません。
理由としては各都道府県の青少年保護育成条例で使用出来るエアガンのパワーが0.135Jに定められているからです。
(都道府県によってパワー規制の上限値の違いはあります。)
また電動ガン、ガスガンの製造元である東京マルイでも威力上限は0.135Jに設定されています。
もし、18歳未満の子どもに対象年齢18歳以上の電動ガンやガスガンを販売、使用させた場合は販売店や使用させた人が法律により罰せられてしまいます。
10歳以上18歳以下の子どもは10歳以上の子どもに推奨されている電動ガンなどを使ってサバゲーを行いましょう。

18歳未満の子どもがサバゲーで注意することは?

とにかくサバゲーフィールドとサバゲーでのルールをしっかり守る事です。
シューティンググラスやフルフェイスガードは大人と同じく必ず着用しましょう。
またサバゲーフィールドによっては18歳未満の子どもの参加に1日保険で怪我や事故の保障を行うフィールドもあります。
トラブル回避と万が一の備えの為に1日保険に自分で加入するか、サバゲー参加費に保険加入費も含まれているサバゲーフィールドにしましょう。
あとはできるだけ保護者となる大人と同伴してサバゲーをするとより確実で安全なサバゲーを行う事が出来ます。
もし同伴者がいない状態でサバゲーフィールド側に対して同意書を提出して参加するのであれば、
保護者に参加するフィールドの住所や参加する時間などの情報を伝えておくのもポイントです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
18歳未満の未成年者はサバゲーに参加する方法はあります。
ただ未成年者の参加にはいろいろ条件があったり、制約があります。
しかし、サバゲーフィールドによっては18歳未満を対象にした割引やゲームなどもありますので、是非参加してみましょう。
大人のサバゲーマーは優しい方から博識な方まで色んな方が居るのでサバゲーに参加した際はどんどん大人を頼って楽しんでください。

この記事のカテゴリー