子どもも大人も関係ない!「10禁サバゲ」の楽しさ

子どもも大人も関係ない!「10禁サバゲ」の楽しさのサムネイル

子供も大人も関係ない!「10禁サバゲ」の楽しさ

サバイバルゲームで使うエアガンには、「10禁」と「18禁」という2つの区分があります。
今回はその10禁エアガンだけを使って戦う「10禁サバゲ」について紹介しましょう。

10禁エアガンと18禁エアガン

10禁エアガンと18禁エアガンの違いは、一言で言うと銃としての威力です。
18禁エアガンは0.20gのBB弾を使った場合に初速98m/sが上限、10禁エアガンは0.12gのBB弾で初速47m/sが上限と決まっています。
飛距離でいうと、18禁エアガンは最大50mくらい、10禁エアガンは最大25mくらいです。
またエアガンの重さや大きさも違います。10禁は基本的にはプラスチックで作られているので18禁に比べて軽量です。18禁エアガンは長物で2~4kg、10禁エアガンは1kg程度です。
サイズもやや小さめなので、手が小さい子供達でもトリガーやスライドが引きやすい作りになっています。 東京マルイ No.6 デザートイーグル50AEシルバー 10歳以上電動ブローバック

10禁サバゲの楽しさ

怪我の危険性が小さい

10禁エアガンは前述のように、18禁エアガンの半分程度の威力で、初速も遅く飛距離も短いものです。
BB弾も通常の0.20gではなく、より軽い0.12gのものを使うことがほとんどです。
なので、近くから撃たれても怪我をする危険性がより小さく、被弾した時の痛みが少ないため、18歳未満の子供でも安心して遊べます。
感覚的には、水鉄砲で遊ぶくらいの近距離で、ダイナミックな戦闘を楽しむことができます。

子供も大人も一緒に遊べる

10禁エアガンを使ったサバイバルゲームの魅力は、何と言っても子供も大人も関係なく一緒に楽しめる点です。
「親子サバゲ」といった親子で遊べるイベントがさまざまなフィールドで開催されており、小学生や中学生の子供を交えた家族連れで賑わっています。

まとめ

10禁エアガンだけを使ったサバイバルゲーム「10禁サバゲ」の楽しさを解説しました。
大人も18歳未満の子供も10禁エアガンを使って、分け隔てなく皆でサバイバルゲームを楽しんでいきましょう!!

この記事のカテゴリー

新規登録