サバイバルゲームにおける近接戦闘「CQB」インドアフィールド編

サバイバルゲームにおける近接戦闘「CQB」インドアフィールド編のサムネイル

サバイバルゲームにおける近接戦闘「CQB」インドアフィールド編

サバイバルゲームをしていると、「CQB」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。
「CQB」というのは、近距離での撃ち合いを意味する言葉です。
今回は、主にインドアフィールドにおける近接戦闘のコツを紹介します。

CQBとは何か

CQBとは「Close Quarters Battle」の略です。
「近接戦闘」と訳され、主に市街地や建物・乗り物の中など狭くて入り組んだ場所で、30mよりも近い距離でおこなわれる撃ち合いのことを指します。
なお、CQBでない撃ち合いはおよそ30〜200mの距離でおこなわれるのが一般的です。
サバイバルゲームで「CQBフィールド」とか「CQBエリア」と言うと、
バリケードが多くて迷路のように狭く入り組んでいて、CQBスタイルで戦う必要のあるフィールド(あるいはエリア)、と理解しておくのがよいでしょう。
インドアのサバイバルゲームフィールドは、基本的にCQB要素が強いと思っておけば間違いないと思います。
CQBエリアでは、視界は数mしかきかないので、曲がり角で敵とばったり鉢合わせしたり、バリケード1枚隔てて敵と睨み合ったり、という接近戦の状況が多発します。
屋外の開けたフィールドにはない、緊張感やスリルを味わうことができるのです。

CQBのコツ

CQBをうまく制するには、取り回しのいい短いエアガンを使うことが大切です。
飛距離の長さや初速の速さは、交戦距離の短いCQBにおいては重要な要素ではありません。
インドアのサバイバルゲームフィールドであれば、フルオート射撃ができないところがほとんどなので、セミオート射撃しかできないハンドガンでまったく問題ありません。
長物を使う場合も、できるだけ短くて軽いサブマシンガンなどが適しているといえるでしょう。

東京マルイ グロック 18C フルセット 18歳以上電動ハンドガン

まとめ

CQBという近接戦闘について、そのコツなどを詳しく解説しました。
サバイバルゲームと聞いて多くの人がイメージする「森や野山での大勢での撃ち合い」とはまた違う、緊張感あふれる近接戦闘、CQB。
ぜひCQBに向いたエアガンを揃えて、スリル満点の撃ち合いを楽しんでくださいね!

この記事のカテゴリー

新規登録