サバゲーで注意したい!事故や怪我

サバゲーで注意したい!事故や怪我のサムネイル

サバゲーで注意すべき事故や怪我

こんにちは。
サバゲーに慣れてきた皆さんはゲーム終了後に気付いたら怪我をしていたり、顔に見知らぬ傷などが増えていたりしたことはありませんか?
今回はサバゲーのゲーム中に起きる事故、怪我の事例と対策を分かりやすく紹介します。

サバゲーフィールド外での事故

事故はサバゲーフィールド内で起きると思われがちですが、フィールド外の休憩所やシューティングレンジスペースなどでも発生します。

休憩スペース/シューティングレンジでの誤射や怪我

休憩スペース/シューティングレンジではゲーム終了後にバイオBB弾の補充や水分補給をします。
シューティンググラスやフルフェイスゴーグルを外した状態でエアガンにバイオBB弾を補充中に誤射してしまうなど、発射事故が起きやすい場面です。
必ずゴーグルを外す場所ではエアガンに保護キャップを付け、安全装置を掛けて弾倉もなるべくフィールドに入るまで外しておくなどの対処が必要です。
ただし電動ガン内部にもバイオBB弾が残っている場合もある為、安全装置だけを過信せずにしっかりと管理しましょう。

休憩スペースでの銃火器の落下による怪我

サバゲーのゲーム間の休憩時間があまり長くない場合、銃火器をテーブルや椅子に立て掛けたり、置いたりしがちです。
ですが何かの拍子で引っ掛けて落下させてしまう場合があります。
銃火器が落下するだけなら大丈夫ですが、足の上に落下させてしまうと足を怪我したり、最悪の場合、骨折したりすることがあるので注意が必要です。

サバゲーフィールド内での事故

サバゲーフィールド内では事故や怪我はよくあります。 具体的な事例と対策を紹介します。

フィールド内のゴーグル脱着による怪我

サバゲー中、フィールド内でのゴーグルの脱着は非常に危険です。
ゴーグルの汗による曇りや砂塵などを取り除こうとゴーグルを外して拭いている最中に敵に撃たれたり、跳弾による被弾で目や顔に当たる可能性があります。
顔の辺りに弾が当たるのはゴーグルの曇りを取るために屈むとします。
そこに遭遇した敵は早く撃とうとする焦りから、銃の射線軸が下向きになる傾向があります。
下向きに撃たれた弾は上半身部分、とりわけ顔面の辺りに跳弾する確率が高いため、その様な事故や怪我に繋がりやすいのです。
ゴーグルの不具合等が起きてしまったらヒットしてなくても、速やかにヒットコールをしてフィールド外に出ましょう。
その際、ヒットコールと併せて視界不良と周りに伝えてもいいです。
なるべく周知して退場してトラブル回避に努めるのも一つの対策です。

フィールド内の障害物/雑木林による怪我

フィールド内で戦いが白熱すると、どうしても発生するのが設置されてる障害物やフィールド内の木や茂みによる怪我です。
ただ身体や衣服、装備品に引っ掛かる程度なら大丈夫ですが、場合によっては木枠や木箱などに使われている釘や番線に引っ掛けたり、刺さったりする可能性があります。
屋外フィールドだと、番線や釘などは錆び付いていることがある為、刺さると縫合が必要な位の傷になりかねません。
また、最悪の場合破傷風に掛かってしまう可能性もあり、注意が必要です。
また木や茂みでは細い枝や木で手や上半身を傷付けたりする場合もあります。
対策としてはなるべく厚着でゲームを行い、障害物に隠れる際も障害物と少し間を置いて利用する事です。
雑木林や茂みを突き進む際も、なるべく厚手で長袖の衣服にフルフェイスマスクやシュマグなどを使って予防をする事です。
破傷風対策には破傷風ワクチンの接種するのも有効です。

乱戦/接近戦での射撃で怪我

サバゲー中盤から終盤にかけて発生するのが敵味方が入り乱れる中での接近戦での怪我です。
お互いの顔がはっきり分かる15m以内で撃ち合ったり、場合によっては2~3m以内の撃ち合ったりすると、
どうしても勝たなきゃいけないといった焦りから正確な射撃が出来ず、相手の上半身や顔に向かって多量に撃ってしまうことがあります。
そうなると至近距離から撃たれた相手は、流血を伴う怪我を負うこともあります。
対策としては、フルフェイスマスクをしたり、厚手の衣服だけではなく防弾チョッキやタクティカルパネルなどを着用して
肌の露出を極力減らした状態で接近戦に備えることです。
接近戦の際はなるべく落ち着いて相手の腕や腹部あたりの射撃に留めておくと怪我やトラブル防止に繋がります。

フィールド内の足場不良による転倒事故

サバゲーでよく起きる事故や怪我が足場不良による転倒事故です。
サバゲー開始直後に走って敵陣まで切り込む場合に転倒したり、
森林などの野外フィールドでちょっとした窪みや崖で足元を踏み外して転倒したりすることがよく発生するので注意が必要です。
対策としてはサバゲーに集中しつつ、なるべく足元を注意して行動する事です。

ゲーム中の気候変動による体調不良

事故や怪我ではありませんがサバゲーをしていると稀に発生するのが気候変動です。
突然の雨などにより体調を崩してしまうとゲームどころではなくなってしまいます。
対策としては衣服と同じ迷彩柄の雨衣を着用したり、防寒着を着用したりと気候変動に対応した衣服や装備品を備える事です。

まとめ

今回はサバゲー内での事故、怪我の事故事例や対応策を紹介しました。
上記の事故や怪我は非常に多く、とにかく注意して行動する事が大切です。
ですが事故や怪我を恐れるあまりにサバゲーを楽しめなくなったり、行動出来ないのは本末転倒です。
よく対策をして事故怪我の防止に努め、サバゲーを楽しんでいきましょう。

この記事のカテゴリー