サバイバルゲーム作戦・戦略マル秘テクニック2

サバイバルゲーム作戦・戦略マル秘テクニック2のサムネイル

サバゲー作戦・戦略マル秘テクニック2

こんにちは。前回に引き続き、サバゲーの戦略・作戦マル秘テクニック2をご紹介したいと思います。
前回は、チームとして作戦を実行する際の行動や動作のポイントを書きました。
今回は複数人で作戦を実行していく上での基本的なフォーメーションや各種役割についてご説明したいと思います。

アタッカー

アタッカーは、部隊の前衛、つまり突撃する役割です。
猛然と敵のフラッグを取りに行ったり、敵の陣地に突撃したりします。
敵陣地に突撃する為、ダウンを取られない様にいかにベストな状況で突撃できるかが重要です。
アタッカーには、ダッシュで走る場面も多く、強靭な体力が必要です。

マークスマン

マークスマンの役割は、アタッカーを適切に敵陣地に突撃できる様に援護することです。
また、前衛が全滅してしまった場合には、アタッカーに代わって、敵陣地を占領する役割も担います。
マークスマンには、アタッカーを狙ってくる敵を索敵する能力が必要です。

スナイパー

スナイパーの役割は後方支援です。
フィールドが狭い場合、アタッカーが優位な状況で突入できるように索敵し、狙撃させる必要があります。
また、フィールドが広い場合でのフラッグ戦では、自分の陣地のフラッグに突入してくる相手アタッカーを狙撃するものスナイパーの役割です。
スナイパーには、スナイパーライフルでの正確な射撃能力、フィールドを把握して隠密行動と索敵ができる能力が必要です。

まとめ

今回は、4〜5名でチームを組んで作戦を実行するためのフォーメーション、役割をご紹介しました。
初心者の内はアサルトライフルを持って、撃ち合いが楽しいです。
しかし慣れて来ると、アサルトライフル、スナイパーライフル、拳銃など、武器の性能を考慮してチームを組んで攻略すると、新たなサバイバルゲームの楽しさが生まれます。
この秋、一度チームを組んでやってみてはいかがでしょうか。

この記事のカテゴリー