サバゲーにダットサイトは有効?「屋外編」

サバゲーにダットサイトは有効?「屋外編」のサムネイル

サバゲーにダットサイトは有効?「屋外編」

こんにちは。 今回は電動ガン/ガスガンに装着出来る装備品の「ダットサイト」について有効性を解説していきます。 併せてオススメのダットサイトも紹介していきます。

ダットサイトとは

ダットサイトとは携行火器、銃器などに後付け出来る光学式照準器のことです。
またこの手のダットサイトは銃などに最初から備わっているアイアンサイトもダットサイトに当てはまります。
ダットサイトには4種類の照準タイプがあります。

テレスコピックサイト

主に狙撃銃などに使われる光学式照準器です。 特徴はテレスコピックのパワーセレクターを捻れば倍率を変えて目標まで拡大、縮小して狙い撃つ事が出来ます。

レーザーサイト

目標物までレーザーポインターを直射して狙いを定める照準器です。

ドットサイト

2点の光点をミラー越しから見て、光点と目標を合わせて狙うタイプです。
またドットサイトはチューブタイプとオープンタイプに分類されます。
チューブタイプは前後に対物レンズを挟む為、本レンズを保護する事が可能です。
また場合によってはBB弾の被弾を防ぐハニカムメッシュチューブを付けてレンズ保護をすることもあります。
オープンタイプは軽量モデルが多く、また見やすく取り扱いが容易な為、出会い頭の射撃に有効です。

ホロサイト

ドットサイトと似た構造で目標物を狙えますが、光点の仕組みが違い実銃向けのモデルが多く、価格も比較的高いものが多いです。
またホロサイトは四隅の視野が広いため、正確な照準が可能です。

ダットサイトで屋外フィールドでの射撃は有効?

上記で説明したダットサイトを屋外フィールドで使うとしたら、4種類のダットサイト全てが有効に活用出来ます。
テレスコピックサイトは狙撃銃と併せて使用すれば遠距離から攻撃する事が可能です。
ドットサイトやホロサイトであれば近距離から中距離帯の攻撃はしやすいです。
また上記で触れていないレーザーサイトに関しては昼間は視認しづらく、取り付ける位置によってガンが扱いづらくなるなどの側面もあります。

屋外フィールドでオススメのダットサイトは?

これに関してはサバゲーのポジションや扱う銃によって変わりますが、
使用してる人が多いのはチューブタイプのドットサイトです。
屋外フィールドでは比較的中距離での戦闘が主体のため、
敵と撃ち合うのであればチューブタイプのドットサイトをオススメします。

また後付け部品としてマグニファイヤーと呼ばれる倍率スコープを利用すれば、遠距離射撃も可能です。

Sutekus 4 MOA ドットサイト 赤/緑ダットサイト 照準器 20mmレール対応 レッド/グリーン

オープンタイプのドットサイトであればこちらをオススメします。

Very100正規品ドットサイト オープン式 ライフルサイトスコープダットサイト赤と緑2色、4タイプ、5段階 照準器 20mm 対応 レッド/グリーン

なおオープンタイプのドットサイトはBB弾が集中して被弾すると割れる場合があるため、注意が必要です。

ダットサイトの照準調整「ゼロイン」

ダットサイトはそのままでも使用は出来ますが、大抵は最初から照準調整が出来ていない物が多いため、使用時は最初に調整が必要です。 安価なダットサイトはゼロイン調整のダイヤルやつまみがない場合もあるので、注意が必要です。

夜戦サバゲー時の注意点

夜戦サバゲーで注意する事があります。
稀にオープンタイプ、チューブタイプのドットサイト光源で敵に居場所がバレる場合があります。
オープンタイプは対処が難しいのですがチューブタイプは延長フードを取り付ければ光が漏れづらくなります。
ダットサイトによってはナイトビジョンモードなどがあります。
そのためナイトビジョンゴーグルを所持してるサバゲーマーはその機能を活かして戦い、より雰囲気楽しむ事が出来ます。

ダットサイトのまとめ

ダットサイトにもいろんな種類や使い方がありますが使い勝手や用途に選ぶ事が大切です。
性能や使い勝手を重視して装備品や服装に合わないダットサイトを選んでしまうと、自己のサバゲースタイルを損ねてしまう場合もあるので注意しましょう。
納得出来るダットサイトを見つけて、よりサバゲー生活を楽しみましょう。

この記事のカテゴリー