サバイバルゲームのゴーグル、曇り止め対策を考える

サバイバルゲームのゴーグル、曇り止め対策を考えるのサムネイル

サバイバルゲームのゴーグル、曇り止め対策を考える

サバイバルゲームをする時に、目を守る装備としてなくてはならないゴーグル。
必ず装着しないといけない物ではありますが、一方で夏の暑い日や全力で走り回った場合には熱気や汗で曇ってしまうことも多く、クリアな視界をどう確保するかはサバゲーマーの悩みの種です。
今回は、ゴーグルが曇らないようにするためのいろいろな工夫を紹介します。

曇り止め剤を使う

布状の曇り止め

最近よく見かけるのが、眼鏡拭きのような布に曇り止めが染み込ませてあるという商品です。普通に眼鏡を拭くようにサッとゴーグルの内側を拭くだけで曇り止め効果があるため、使い方が簡単で時間もかからない点が人気です。
「フォグストップ缶」「SMILE-EYE TACTICAL」といった商品がよく使われています。

液状の曇り止め

昔からある鉄板の曇り止めは、液状やジェル状のものです。ゴーグルの内側のレンズを綺麗に拭いてから、曇り止めを数滴つけてまんべんなく塗り広げて乾燥させます。曇り止めをつけすぎるとなかなか乾かないので注意しましょう。
「アンチフォグアルファ」「メガネのくもり止め濃密ジェル」といった商品がよく使われています。

曇りにくいゴーグルを使う

ファン付きゴーグル

2段階に強さを調節できるファンがついていて、スイッチを入れるとみるみるうちに曇りが乾きます。ファンの音や電池のもちが気になる場合は、曇った時だけファンを回してもいいでしょう。

SHARE

この記事のカテゴリー

新規登録